ノコギリヤシの効果

ノコギリヤシと薄毛治療薬の違い

薄毛や脱毛で悩む人は少なくありません。この2つの原因はホルモン分泌にあります。男性ホルモンにはDHTという脱毛を生成させるホルモンがあります。このホルモンの分泌を抑制する治療薬として病院などでは「プロペシア」という薬が用いられていますが精力減退などの副作用が現れることもあります。

このプロペシアと同じ働きを有しているのがノコギリヤシです。ノコギリヤシは健康食品なので副作用の心配が少ないという利点がありますが、過剰摂取などで吐き気や腹痛、嘔吐などの症状が現れる可能もあります。

ノコギリヤシの 一日の摂取量の定めなどは決まっていません。そのため、その商品ごとで異なります。ノコギリヤシの服用の基本目安は一日320mgといわれています。あくまで、目安なのできちんと用法用量を守って服用していくことでご自身が満足いく効果を得られます。

前述で解説したDHTがたまると前立腺肥大を引き起こし抜け毛や脱毛へ繋がっていきます。そのため、治療薬も疾患を治療していくために用いられていますが、前立腺肥大と薄毛、脱毛との関係がつながっているので髪のお悩みにも効果をあらわします。そしてご紹介のノコギリヤシも治療薬と同様の効果を得られますが、食品ですので飲み続けていくことがポイントとなります。 みなさんもノコギリヤシで健康生活始めてみませんか。

↑ PAGE TOP